2019年4月20日(土)~6月16日(日)※月曜、5月7日閉館、但し4月29日、5月6日開館

姫路文学館『いきものだいすき! 薮内正幸の動物画展』姫路市

動物画の第一人者による絵本・挿絵・図鑑の原画などを紹介

 姫路文学館(姫路市)で4月20日から6月16日まで『いきものだいすき! 薮内正幸の動物画展』が開催される。

 動物画家・絵本作家の薮内正幸さんは幼少期から動物が好きで、独学で動物の絵を描き始めたという。徹底した観察や研究に基づき、生き物の手触りや温もり、躍動感まで感じさせるような丁寧で繊細な描写が特徴。その一方で、ときに大胆な構図や個性的な表情の動物たちの絵を数々生み出している。

 同展では、動物画の第一人者として絵本・挿絵・図鑑・広告など幅広い分野で活躍した薮内さんの作品や人物像を紹介。会期中、記念イベントとして薮内正幸美術館館長・藪内竜太さんによる記念講演会(4月20日)や担当学芸員による展示解説会などが実施される。
【記念イベント】
①記念講演会
日時 2019年4月20日(土)13:30~15:00(開場 12:30~)
演題 「好きこそ物の上手なれ 動物画家・薮内正幸の生涯」
講師 藪内竜太(薮内正幸美術館館長)
定員 150人
参加費 無料、当日先着順 ※同展観覧券(使用済み半券も可)が必要

②展示解説会
日時 2019年4月28日(日)13:30~14:30(開場 13:00~)
講師 担当学芸員
定員 150人
参加費 無料、当日先着順

③薮内正幸のいきもの図鑑1「ヤブさんが描いた動物たち」
日時 2019年5月3日(金・祝)13:30~15:00(開場 13:00~)
講師 河野光彦(姫路市立動物園)
定員 100人(小学生以上)
参加費 無料、当日先着順

④薮内正幸のいきもの図鑑2「ヤブさんが愛した野鳥たち」
身近にいる鳥から猛禽類まで、いろいろな鳥の魅力的なお話
日時 2019年5月25日(土) 13:30~15:00(開場 13:00~)
講師 森田俊司(西播愛鳥会)、三谷康則(兵庫ハヤブサ研究会・西播愛鳥会)
定員 100人(小学生以上)
参加費 無料、当日先着順
期間2019年4月20日(土)~6月16日(日)
※月曜、5月7日閉館、但し4月29日、5月6日開館
場所姫路文学館 北館
(姫路市山野井町84)
GoogleMapで探す
開館時間10:00~17:00
※入館は16:30まで
観覧料一般700円、大学・高校生400円、中学・小学生200円
問い合わせ姫路文学館
TEL 079-293-8228

掲載日:2019/4/8 00:00
Kiss PRESS編集部:永山



Page Top