ピックアップへ戻る

2019年4月12日(金)公開 [R15+]

映画『ビューティフル・ボーイ』

©️François Duhamel ©️2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

堕ちていく息子を信じ続けた8年間。痛ましくも美しい愛と再生の記録

 8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物と彼を支え続けた家族の物語『ビューティフル・ボーイ』が4月12日より公開される。

 原作は、13回の依存症再発のため7つの治療センターを訪れた8年間の軌跡をデヴィッドとニックそれぞれの視点から描いた2冊の回顧録。同じ出来事を捉える異なる2つの視点を統合し、残酷なまでにリアルな様をフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督が克明に描いた。

<ストーリー>成績優秀でスポーツ万能、将来を期待されていた学生ニック(ティモシー・シャラメ)は、義理の母親、幼い弟たちにとって“いい息子・いい兄”であることがいつも求められていた。そんな日常の中で、ふと手を出してしまったドラッグ。断ち切ろうと思いつつも、更生施設を抜け出したり、再発を繰り返す。父親デヴィッド(スティーヴ・カレル)は、何度裏切られても、すべてをこえて愛している存在の息子を信じ続け、大きな愛と献身で見守り包み込む―。
公開日2019年4月12日(金)[R15+]
監督フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
出演スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ、モーラ・ティアニー、エイミー・ライアン ほか
配給ファントム・フィルム
劇場(兵庫)109シネマズHAT神戸
シネ・リーブル神戸
MOVIXあまがさき
TOHOシネマズ西宮OS

掲載日:2019/3/29 16:00
Kiss PRESS編集部:木下



Page Top