このイベントは終了しました。

2019年3月13日(水)〜24日(日)

映画『判決、ふたつの希望』パルシネマしんこうえんで上映

©2017 TESSALIT PRODUCTIONS - ROUGE INTERNATIONAL - EZEKIEL FILMS - SCOPE PICTURES - DOURI FILMS PHOTO©TESSALIT PRODUCTIONS - ROUGE INTERNATIONAL

人間の尊厳をかけ二転三転する裁判の行方は—

 クエンティン・タランティーノ監督のアシスタント・カメラマンという経歴を持つレバノン出身ジアド・ドゥエイリ監督の最新作『判決、ふたつの希望』がパルシネマしんこうえん(神戸市兵庫区)で3月13日から24日まで上映される。監督の実体験をもとに“ささいな口論”が国家を揺るがす法廷劇にまで発展していく物語が描かれる。

<ストーリー>レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人の現場監督ヤーセル(カメル・エル=バシャ)と、キリスト教徒のレバノン人男性トニー(アデル・カラム)が、アパートのバルコニーからの水漏れをきっかけに口論になる。ヤーセルがふと漏らした悪態はトニーの猛烈な怒りを買い、ヤーセルもまたトニーのタブーに触れる“ある一言”に尊厳を深く傷つけられ、ふたりの対立は法廷へ持ち込まれることに。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げる中、メディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことで裁判は巨大な政治問題を引き起こす。そのささいな口論から始まった小さな事件は、レバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していく—。
期間2019年3月13日(水)〜24日(日)
※上映スケジュールはこちら
※映画『空飛ぶタイヤ』と2本立て上映
場所パルシネマしんこうえん
(神戸市兵庫区新開地1-4-3)
GoogleMapで探す
作品公開日 2018年8月31日(金)
監督・脚本 ジアド・ドゥエイリ
脚本 ジョエル・トゥーマ
出演 カメル・エル=バシャ、クリスティーン・シュウェイリー、カメール・サラーメ ほか
配給 ロングライド
料金一般 1,200円
シニア(60歳以上)・大学・専門学生 1,000円
中高生 900円、小学生 700円
問い合わせパルシネマしんこうえん
TEL 078-575-7879

掲載日:2019/3/9 16:00
Kiss PRESS編集部:木下



Page Top