このイベントは終了しました。

2019年3月4日(月)~17日(日)

『成田一徹 切り絵展』神戸市中央区

六甲山上のバー(神戸ゴルフ倶楽部)
『新・神戸の残り香』より(過去開催の様子)

切り絵を通してよみがえる、懐かしの風景

 神戸市役所1号館2階市民ギャラリー(神戸市中央区)にて、切り絵作家・成田一徹さんの切り絵作品展が3月4日から17日まで開催される。入場無料。

 成田さんは神戸市で生まれ、サラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、1988(昭和63)年に切り絵作家として独立。BARの空間をモチーフにした作品作りをライフワークとしたほか、街の情景や市井に暮らす人々、職人の仕事などをテーマに作品を発表した。

 同展では、神戸新聞の連載作品をまとめた著書『神戸の残り香』、『新・神戸の残り香』に収録した作品を中心に選りすぐられた約40点が展示される。担当者は「不朽の切り絵作家・成田一徹の作品を通して、よみがえる懐かしの港町神戸を感じてください」と語っている。
日程2019年3月4日(月)~17日(日)
場所神戸市役所1号館2階市民ギャラリー
(神戸市中央区加納町6丁目5番1号)
GoogleMapで探す
時間9:00~17:30
※土日祝は10:00~17:30
※最終日の3月17日(日)は15:00まで
入場料無料

掲載日:2019/3/6 16:00



Page Top