このイベントは終了しました。

開催中~3月10日(日)

須磨海浜水族園『企画展「季節外れの金魚展」』 神戸市須磨区

黒出目金
大阪らんちゅう
土佐錦魚

土佐錦魚をはじめ、大阪らんちゅうや琉金、出目金も

 須磨海浜水族園の世界のさかな館の身近な生きものコーナーで企画展「季節外れの金魚展」が開催されている。3月10日まで。

 姉妹園の桂浜水族館(高知市)から譲り受けた「土佐錦魚」が同園で繁殖し、やっと安心できる大きさまで育ったため、夏の風物詩である金魚の企画展がこの時期の開催に決まったという。「土佐錦魚」は、江戸時代後期に土佐国で作られたとされる品種で、高知県の天然記念物に指定されている。尾の両端が反転している「反り尾」が特徴的で、優雅な泳ぎ方をする品種。今回、展示する個体は黒子とも呼ばれる体色の黒い幼魚で、成長に従って赤色に呈色していく。赤い姿をした成魚は同館のコイの池で見ることができる。また、土佐錦魚の品種改良の元となった2品種の金魚「大阪らんちゅう」や「琉金」のほか、飛び出た目が特徴的な「出目金」も展示され、尾びれをふりながら可愛らしく泳ぐ金魚たちの姿を楽しめる。
開催期間2019年1月10日(木)~3月10日(日)
場所須磨海浜水族園 世界のさかな館 身近な生きものコーナー
(神戸市須磨区若宮町1丁目3-5)
GoogleMapで探す
料金大人(18歳以上)1,300円、中人(15歳~17歳)800円、小人(小・中学生)500円 幼児無料
問い合わせ須磨海浜水族園
TEL 078-731-7301

掲載日:2019/2/2 16:00
Kiss PRESS編集部:徳岡



Page Top