開催中~2019年2月17日(日)

『中島宏追悼展』姫路市

中島宏《青瓷貫入大壷》

「中島青磁(せいじ)」と呼ばれた作品が約20点集結

 三木美術館(姫路市)にて、『中島宏追悼展』が開催中。2月17日まで。

 同展では、今年3月7日に76歳で逝去された、人間国宝であり、青磁を作り続け追及した生涯を送った陶芸家・中島宏さんを追悼。青磁とは、透明感のある青緑色の磁器で、日本では江戸時代から作られ、兵庫県の三田焼の青磁が特に有名だという。中島さんは、従来の伝統的な青磁の技法に彫刻を施す等、新たな可能性を追求した。また、中島さんが九州出身であることにちなみ、同時開催として「風は西から〜九州ゆかりの画家たち〜」と題し、九州出身の岡田三郎助や牛島憲之、その他ゆかりのある作家たちの絵画展を実施。
日程2018年11月21日(水)~2019年2月17日(日)
開館時間10:00~18:00
※入館は17:30まで
場所三木美術館
(姫路市本町241)
GoogleMapで探す
入館料高校生以上300円、中学生以下無料
休館日火曜、12月28日(金)~1月4日(金)
問い合わせ三木美術館
TEL 079-284-8413

掲載日:2018/12/31 16:00



Page Top