ピックアップへ戻る

2018年11月30日(金)公開

映画『マダムのおかしな晩餐会』

©2016 / LGM CINEMA - STUDIOCANAL - PM - Tous Droits Reserves

愛には「嘘」のソースをかけて、召し上がれ。

 上級階級たちの豪華な暮らしとスキャンダラスなゴシップを通して、階級社会や夫婦の問題を描く大人のロマンティック・コメディ『マダムのおかしな晩餐会』が11月30日より公開される。

<ストーリー>裕福なアメリカ人夫婦のアン(トニ・コレット)とボブ(ハーヴェイ・カイテル)は、エレガントなパリの都に引っ越してくる。セレブな友人たちを招いてとびきり豪華なディナーを開こうとするが、手違いで出席者が不吉な13人になってしまう。 メイドのマリアを“ミステリアスなレディ”にとして晩餐会の席に座らせるが、緊張のあまり酔っぱらったマリアは下品な“ジョーク”を連発。しかし、逆にこれが大ウケして英国紳士から求愛され、思わぬ恋に舞い上がるマリア。そんなマリアにアンは怒り心頭だが、今更正体を明かせない。一方、アンは晩餐会でフランス人富豪から堂々と不倫の申し込みをされ、ボブと倦怠期を悩んでいたアンは思わぬときめきを覚えてしまう。果たして、ヨーロッパの社交界から移民たちのメイド界までも巻き込んだ、大いなるから騒ぎの行方は—。
公開日2018年11月30日(金)
監督アマンダ・ステール
脚本アマンダ・ステール、マシュー・ロビンス
出演トニ・コレット、ハーヴェイ・カイテル、ロッシ・デ・パルマ
配給キノフィルムズ
劇場(兵庫)シネ・リーブル神戸
TOHOシネマズ西宮OS

掲載日:2018/11/23 16:00



Page Top