ピックアップへ戻る

2018年11月30日(金)公開[PG12]

映画『へレディタリー/継承』

©2018 Hereditary Film Productions, LLC

受け継いだら死ぬ。祖母遺した“何か”とは?

 今年のサンダンス映画祭で「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から 最高の評価を受け全米を震撼させたホラー映画『へレディタリー/継承』が11月30日より公開される。

<ストーリー>グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニー(トニ・コレット)は、夫・スティーブン(ガブリエル・バーン)と高校生の息子・ピーター(アレックス・ウォルフ)、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリー(ミリー・シャピロ)と共にその哀しみを乗り越えようとする。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでいたことに気づかぬまま…。やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発しはじめる。ついに最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊する—。
公開日2018年11月30日(金)[PG12]
脚本・監督アリ・アスター
出演トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド ほか
配給ファントム・フィルム
劇場(兵庫)109シネマズHAT神戸
TOHOシネマズ西宮OS
MOVIXあまがさき
シネ・リーブル神戸(12月8日公開)

掲載日:2018/11/19 16:00



Page Top