開催中〜2018年12月24日(月・振)

丹波市立植野記念美術館『ミュシャ展 -運命の女たち-』丹波市

ルフェーヴル=ウティール社「ヴァニラ風味のゴーフルの箱のラベル」、1896年

アルフォンス・ミュシャの生涯を彩った女性たち

 丹波市立植野記念美術館(丹波市)で『ミュシャ展 -運命の女たち-』が開催されている。12月24日まで。

 19世紀から20世紀初めにかけてヨーロッパに流行した芸術思潮「アール・ヌーヴォー」を代表するチェコ共和国出身のデザイナー、アルフォンス・ミュシャは、1894年に女優サラ・ベルナールから依頼された劇場ポスター「ジスモンダ」が成功を収め、ポスターや装飾パネル、デザインの分野で活躍。最晩年、ナチスの迫害を受け病死したと言われており、彼の作品は、日本の洋画家団体である「白馬会」など日本の初期洋画界や外光派にも大きな影響を与えたとされる。同展では、祖国であるチェコの医師ズデニェク・チマル博士の親子三代にわたる膨大なコレクションから、代表的なリトグラフのポスターや、装飾パネル、素描、挿絵原画、油彩画などから選出された約150点を紹介。ミュシャの初恋の人や作品のモデルになった娘ヤロスラヴァなど、ミュシャの作品とその生涯を彩った女性たちを「運命の女たち」と捉え、その作品の世界に迫る。また、関連イベントとしてクリスマスリース作りや、コンサートなども催される。
日程2018年10月27日(土)~12月24日(月・振)
開館時間10:00~17:00
※入館時間は16:30まで
休館日月曜日
※12月24日(月・振)は開館
場所丹波市立植野記念美術館
(丹波市氷上町西中615-4)
GoogleMapで探す
入館料一般800円、大学・高校生400円、中・小学生200円
関連イベント詳細はこちら
問い合わせ丹波市立植野記念美術館
TEL 0795-82-5945

掲載日:2018/11/8 16:00



Page Top