ピックアップへ戻る

2018年12月1日(土)~2019年1月6日(日)、1月12日(土)~3月10日(日)の土日

六甲山光のアート『Lightscape in Rokko』~冬バージョン「冬はつとめて」~

1000万色以上の色彩表現ができるLED照明を使用

 自然体感展望台 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ/神戸市灘区)で毎年実施されている六甲山光のアート『Lightscape in Rokko』の冬バージョンが12月1日より始まる。来年1月6日までは毎日、1月12日から3月10日までは土日のみの開催。

 1000万色以上の色彩表現ができる最新のLED照明を使って、限りなく自然光に近い光で展望台全体を覆うフレームを内側から照らす光のイベント『六甲山光のアート』。演出は照明デザイナーの伏見雅之さんが手掛け、今年は「枕草子」をテーマに、清少納言が記した、日本人が昔から親しんできた四季折々の情景を、季節毎に春・夏・秋・冬の4パターンで表現している。冬の早朝の雪や、白さの際立つ霜の様子、寒い日に暖を取るために火をおこして火桶を持って運ぶ冬らしい様子などが表現されており、済んだ空気によってより鮮やかに映える夜景と六甲枝垂れの幻想的な光景のコラボレーションを楽しめるという。

 また11月11日まで同場所とエリア内「見晴らしの塔」やその周囲で、「六甲ガーデンテラス スペシャルライティング」が開催されている。六甲枝垂れでは“心象光景”をテーマに「六甲枝垂れに集う人々の心模様が光となって反映されたら、どのような光景になるか」がイメージされた作品となっている。
期間2018年12月1日(土)~2019年1月6日(日)まで毎日、12日(土)~3月10日(日)の土日
場所自然体感展望台 六甲枝垂れ
(神戸市灘区六甲山町五介山1877-9)
GoogleMapで探す
時間・2018年12月1日(土)~2019年1月6日(日)
17:00~21:00(最終受付20:30)

・2019年1月12日(土)~3月10日(日)の土日
17:00~20:00(最終受付19:30)

※約7分間の演出を繰り返し実施
※天候等により変更する場合あり
※スペシャルライティングの時間は公式ホームページで確認
※自然体感展望台六甲枝垂れの営業時間10:00~
入場料大人(中学生以上)300円、小人(4歳~小学生)200円
問い合わせ六甲ガーデンテラス
TEL 078-894-2281

掲載日:2018/10/29 16:00



Page Top