2018年11月10日(土)公開[PG12]

映画『ライ麦畑で出会ったら』

©2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED

明日はきっと、今日よりマシさ。たぶんね。

 青春小説の金字塔として世代を超えて愛されているJ.D.サリンジャー著「ライ麦畑でつかまえて」に心を奪われた青年の成長を描いた青春映画『ライ麦畑で出会ったら』が11月10日よりシネ・リーブル神戸(神戸市中央区)にて公開される。

 ジェームズ・サドウィズ監督の実体験が基となった本作は、青春時代ならではの甘酸っぱさとほろ苦さがリアルに描かれ、幅広い層からの共感を呼び、世界各地の映画祭で数々の賞を受賞した。

<ストーリー>1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。周囲とも馴染めず孤独な高校生活を送るジェイミー(アレックス・ウルフ)はある日、若者のバイブル「ライ麦畑でつかまえて」に感銘を受け、演劇として脚色することを思いつく。しかし、舞台化には作者であるJ.D.サリンジャー(クリス・クーパー)の許可が必要だと知り、連絡を取ろうと試みるものの、隠遁生活をする作家の居所はつかめないまま。その最中、学校である事件が発生し、ジェイミーは寮を飛び出してしまう。そして、演劇サークルで出会った少女のディーディー(ステファニア・オーウェン)とともに、サリンジャー探しの旅に出ることを決意するが…。
公開日2018年11月10日(土)
※その他地域では10月27日(土)より順次公開
監督ジェームズ・サドウィズ
出演アレックス・ウルフ、ステファニア・オーウェン、クリス・クーパー
配給東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
劇場シネ・リーブル神戸

掲載日:2018/10/18 16:00



Page Top