このイベントは終了しました。

2018年11月17日(土)~23日(金・祝)

シネ・ピピア『第19回 宝塚映画祭』 宝塚市

悪の紋章©1964東宝
わが青春に悔なし©1946東宝
飢える魂©日活

今年は宝塚映画名作選を上映

 宝塚市の映画館「シネ・ピピア」で11月17日から23日までの7日間、『第19回 宝塚映画祭』が開催される。

 同映画祭は、「かつて映画撮影所があった宝塚にもう一度映画の灯をともしたい」という想いから2000年に誕生。以来18年間、地域と文化を尊重する宝塚の市民の手によって、企画から運営までを行う“市民映画祭”として毎年秋に実施されている。

 今年は「宝塚映画名作選~宝塚映画80周年~」をテーマに『太夫(こったい)さんより女体は哀しく』(1957年)や『悪の紋章』(1964年)、『海の若大将』(1965年)などの作品を上映。また、轟(とどろき)夕起子生誕101年を記念した『飢える魂』(1956年)の上映、11月20日と21日には「優秀映画鑑賞推進事業~黒澤明没後20年~」と題して黒澤明作品『酔いどれ天使』(1948年)『羅生門(デジタル復元版)』(1950年)など4作品も上映される。

 さらに、数々の宝塚映画で監督助手を務めた髙野昭二さんや辻井康一(ひろかず)さん、撮影助手を務めた田邉皓一さんらをゲストに迎えてのトークイベント「シネトーク」、シネ・ピピアロビ-での懐かしの宝塚映画ポスターの展示も行われる。
開催期間2018年11月17日(土)~23日(金・祝)
時間上映時間やトークイベントの詳細はパンフレットから
場所シネ・ピピア
(宝塚市売布2丁目5-1 ピピアめふ内)
GoogleMapで探す
料金・前売1回券/1,000円、前売3回券/2,700円
・当日一般/1,200円、当日シニア・学生/1,100円
・黒澤明作品(11月20日(火)・21日(水))/500円(※当日券のみ、前売券は使用不可)
前売り券販売場所ローソンチケット(Lコード:55295)、シネ・ピピア、宝塚市文化財団(ソリオ1・3F)、宝塚ベガ・ホール、宝塚文化創造館
問い合わせ宝塚映画祭実行委員会(河内厚郎事務所内)
TEL 06-6940-0730

掲載日:2018/10/13 00:00



Page Top