ピックアップへ戻る

2018年7月10日(火)~9月30日(日)

香雪美術館『生誕170年・没後100年記念 鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男』 神戸市東灘区

豪快な画風と豪放な性格から「曾我蕭白の再来」と評された画家

 日本と東アジアの古い時代の美術品を所蔵する香雪美術館(神戸市東灘区)で9月30日まで、『生誕170年・没後100年記念 鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男』が開催されている。

 鈴木松年(すずきしょうねん、1848~1918)は、赤穂の儒学者の図書を祖父に、同じく儒学者で日本画家の百年を父に京都で誕生。1881年に日本初の公立の絵画専門学校である京都府画学校(現 京都市立芸術大学)の副教員(教授職)となり、1882年第1回内国絵画共進会で受賞して以降、さまざまな展覧会・博覧会で賞を獲得し、京都画壇の重鎮として活躍。豪快な画風と豪放な性格から「曾我蕭白(そがしょうはく)の再来」と評され、今蕭白(いましょうはく)と呼ばれた。

 同展では、「宇治川橋合戦図屏風」や「群仙図屏風」、「渓流桜花図」など約80点が展示されるほか、会期中の毎週土曜日にはギャラリートークを実施。担当者は「2018年は松年が誕生して170年、没後100年となります。この機会に鈴木松年の画業と作風に触れていただきたいです。」と来場を呼びかけている。
開催期間2018年7月10日(火)~9月30日(日)
※月曜休館、祝日の場合は翌火曜休館
開館時間10:00~17:00
※入館は16:30まで
場所香雪美術館
(神戸市東灘区御影郡家2-12-1)
GoogleMapで探す
入館料一般800円、高・大学生500円、中学生以下無料
アクセス・阪急神戸線「御影駅」南改札口より東南へ徒歩5分
・JR東海道線「住吉駅」より西北へ徒歩15分
・阪神本線「御影駅」より市バス19系統「阪急御影」より東南へ徒歩5分
問い合わせ香雪美術館
TEL 078-841-0652

公益財団法人 香雪美術館

地域:神戸市東灘区

神戸市東灘区御影郡家2-12-1

078-841-0652

この施設を詳しく見る

掲載日:2018/7/12 16:00



Page Top