開催中〜2018年8月10日(金)※水曜休館

KHギャラリー芦屋『コシノヒロコ 綺羅 〜東洋と西洋の輝き〜』

©KH GALLERY

美術作家・エトリケンジとコラボした特別展示も

 日本を代表するファッションデザイナー・コシノヒロコ氏のアート作品を美術館のように鑑賞できる「KHギャラリー芦屋」(芦屋市)で8月10日まで、『コシノヒロコ 綺羅 〜東洋と西洋の輝き〜』が開催されている。予約制で公開され、日曜日のみ予約不要。申し込みは公式サイトにて。

 建築家・安藤忠雄氏の設計による静謐な雰囲気のなかで、コンクリート打ち放しの壁面と絵画のコントラストが自然光の演出によって時間と共に移ろっていくギャラリー。同展では、ヒロココシノコレクション作品と絵画を中心に、東洋と西洋の美が融合した煌びやかな世界が堪能できる。「綺羅」の「綺」は綾織り、「羅」は薄織りの絹織物を表し、美しい衣服やそれを身に纏った人のことを指す言葉で、華やかな色彩の絵画と洋服のインスタレーションは、優美な人々が集う様を連想させるという。

 また、特別展示「エトリケンジ×コシノヒロコ」も同時開催。美術作家・エトリ氏の立体作品は、金網を人体に当てて型を取り、造形を加えた“人型”で身体の表面が浮かび上がり、不確かな存在感を醸し出している。その軽やかな佇まいに惹かれたコシノ氏からの呼びかけてこのコラボレーションが実現したという。平面的な金網から手作業で人の輪郭を作り上げるエトリ氏と、洋服を通して人の精神の豊かさに向き合ってきたコシノ氏、二人の作品は共通して、表層のあり方を追求することで、内側にある精神や生命のありさまを描き出す。さらに、作品展示に加えてエトリ氏の人型にコシノ氏が薄手の布を纏わせて造形するインスタレーションも展開される。
期間2018年2月19日(月)〜8月10日(金)
※特別展示は6月24日(日)〜8月10日(金)
※予約制公開、日曜日のみ予約不要
 予約はこちら から
場所KHギャラリー芦屋
(芦屋市奥池町17-5)
GoogleMapで探す
営業時間11:00~16:00(入館は15:30まで)
※毎週水曜日休館
問い合わせTEL 0797-63-5678

掲載日:2018/7/6 00:00



Page Top