このイベントは終了しました。

2018年6月30日(土)〜7月27日(金)、10月6日(土)〜19日(金)

神戸国際松竹 美術史を変えた巨匠たちの物語を上映『アート・オン・スクリーン』

鑑賞する美術から芸術家の人生を感じる美術へ

 神戸国際松竹(神戸市中央区)で6月30日より、世界的な芸術家の人生を描いた上映企画シリーズ『アート・オン・スクリーン』が開催されている。

 「ただ鑑賞する美術から、芸術家の人生を感じる美術へ」と美術の新しい楽しみ方を提案する「アート・オン・スクリーン」シリーズは、芸術の本場・ヨーロッパの映画館で興行的に成功を収め、内容についても普段美術館で働いている学芸員でさえ知らなかったことがたくさんあったと高い評価を得ているという。今年は、芸術家の中でも人気と知名度が高いミケランジェロ、モネ、ゴッホに迫る作品がラインナップ。彼らの意外と知られていない部分にフォーカスし、「どのようにして傑作を生み出したのか」彼らの想像の源を探求する見応えのある作品になっている。

 第一弾となる6月30日から7月13日までは、ヨーロッパ各地の製図室から、バチカン、ローマ、フィレンツェの美しい教会、美術館を巡り、ミケランジェロの波乱の人生を追体験できる「ミケランジェロ:愛と死」。7月14日から27日までの第二弾ではモネが残した2500通を超える手紙や彼自身の言葉を通して今まで知られていなかった彼の一面に迫る「私は、クロード・モネ」。ラストを飾る第三弾では10月6日から19日にゴッホの悩ましくも輝ける人生を深く掘り下げ、彼の人生を一緒に味わえる「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」が上映される。
期間・上映作品①2018年6月30日(土)~7月13日(金)
 「ミケランジェロ 愛と死」

②2018年7月14日(土)~27日(金)
 「私は、クロード・モネ」

③2018年10月6日(土)~19日(金)
 「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」
場所神戸国際松竹
(神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館11F)
GoogleMapで探す
料金一般 2,000円
学生 1,500円(学生証の提示が必要)
料金神戸国際松竹
TEL 078-230-3580

掲載日:2018/7/4 00:00



Page Top