2018年7月14日(土)~9月9日(日)※月曜休館

丹波市立植野記念美術館『写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」』

©Mitsuaki Iwago

岩合光昭さんの講演会やサイン会も実施

 7月14日から9月9日まで、動物写真家・岩合光昭さんが国内外で撮り下ろしたネコの写真を展示する『写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」』が植野記念美術館(丹波市)で開催される。

 岩合さんは1979年に木村伊兵衛賞を受賞。海外でも評価が高く、1980年代にアフリカ タンザニア「セレンゲティ国立公園」 に取材した写真集「おきて」は世界的なベストセラーとなった。また、世界各地の野生動物の取材を重ねる傍ら、人間に身近な動物、特にネコの取材もライフワークとして40年以上に渡って取り組み、多くの魅力的な作品を発表している。

 同展は、「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る」と語る岩合さんがヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会ったネコたちの写真作品を中心に、番組未公開影像も加わった約200点で構成される。開催を記念し、開幕記念行事や美術館寄席(落語)、岩合さんの講演会やサイン会も実施される。
期間2018年7月14日(土)~9月9日(日)
※月曜休館、但し7月16日(月)は開館、17日(火)は休館
※8月13日(月)開館
場所植野記念美術館
(丹波市氷上町西中615番地4)
GoogleMapで探す
開館時間10:00~17:00
※入館は16:30まで
観覧料一般800円、大学・高校生400円、小・中学生200円
問い合わせ植野記念美術館
TEL 0795-82-5945

掲載日:2018/6/29 16:00



Page Top