このイベントは終了しました。

2018年7月28日(土)~8月26日(日)

加古川総合文化センター『放浪の天才画家 山下清展』

《長岡の花火》1950年 Ⓒ清美社
《スイス風景》1963年
《東京オリンピック》1964年

芸術家としての彼の真の姿に迫る

 加古川総合文化センター(加古川市平岡町)で7月28日から8月26日まで『放浪の天才画家 山下清展』が開催される。

 1922(大正11)年に東京の浅草で生まれた山下清は、緻密で色鮮やかな貼絵による独特の世界を確立し「日本のゴッホ」とも称されている。時に優しく、時に力強い彼の貼絵は、四季折々の風景に込められた風の音や土地の香り、人々の感情までもが自然に息づき、今なお多くの人々に愛され続けている。1971(昭和46)年に49歳の若さで世を去った波乱の人生は映画・テレビドラマでも描かれ、さらにその名が知れ渡ることとなったが、映像では正確に伝えられていない部分もあったという。

 同展では、画家としての山下清が何を考え、何を感じながら作品を生み出したかという視点で代表的な貼絵から油彩、水彩画、ペン画、陶磁器の絵付けなど約130点と資料を展示。素朴で懐かしい日本の原風景から、芸術家として、一人の人間としての彼の真の姿に迫る。期間中には、来場者で大きな貼絵を完成させるワークショップのほか、7月28日には家族だけが知る山下清の素顔について語られる記念講演会やギャラリートークが行われる。
期間2018年7月28日(土)~8月26日(日)
※8月13日(月)は休館
場所加古川総合文化センター
1階 美術ギャラリー
(加古川市平岡町新在家1224-7)
GoogleMapで探す
開館時間10:00~17:00(入場は16:30まで)
料金一般・大学生800円、中高生400円、小学生以下無料
関連イベント・記念講演会「家族が語る山下清」(無料)
 家族だけが知る山下清の素顔についてお話しいただきます。
 日時 7月28日(土)14:00~15:30
 場所 2階 大会議室
 講師 山下浩氏(山下清作品管理事務局代表/山下清の甥)
 定員 250人(先着順)
  
・ギャラリートーク(無料/要チケット)
 講演会と同日の午前中、山下浩氏とともに展示室をまわります。
 日時 7月28日(土)11:00~11:40
 場所 1階 美術ギャラリー
 講師 山下浩氏(山下清作品管理事務局代表/山下清の甥)
 
・学芸員によるギャラリートーク(無料/要チケット)
 当センター学芸員が作品の見どころなどをご紹介します。
 日時 8月11日(土)、18日(土)両日とも14:00~14:20程度
 場所 1階 美術ギャラリー

・みんなで貼絵にチャレンジ!(会期中随時/無料)
 みんなの力で大きな貼絵を完成させよう!
 場所 加古川総合文化センター 1階 ロビー
問い合わせTEL 079-425-5300

掲載日:2018/6/29 00:01



Page Top