2018年7月21日(土)~9月24日(月・振)

神戸ゆかりの美術館 特別展『エヴァンゲリオン展』神戸市東灘区

©カラー

最新作を含む生原画や設定資料を約300点を初公開

 人気アニメ「エヴァンゲリオン」の魅力に迫る作品展『エヴァンゲリオン展』が、神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)で7月21日から9月24日まで開催される。

 「エヴァンゲリオン」シリーズは、1995年にテレビアニメが放送されて以来、長年に渡って幅広い世代・国内外のファンから支持され続けている。同展は2013年の東京会場を皮切りに、大阪、横浜、名古屋、福岡などをはじめ、ヒューストン(アメリカ)でも開催されており、今回神戸に初上陸となる。総監督の庵野秀明氏および制作会社カラーの監修で公開される同展では、「新劇場版」シリーズ最新作を含む生原画や設定資料を約300点を初公開。1章「エヴァンゲリオンの歴史」では、テレビシリーズから劇場版、漫画版、そして新劇場版シリーズへと続くエヴァンゲリオンの歴史を概観。2章「エヴァンゲリオンができるまで」では、膨大な数の原画・動画の複製や映像などで、エヴァンゲリオンを作り出した庵野監督や最先端の映像制作に関わるクリエーターたちの『ものづくりの現場』に迫る。3章「エヴァンゲリオンの設定」、4章「原画で観る『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』」では、アニメーションの中核となる手書きによる原画や設定資料などを展示する。

 また、講演会や子ども向け美術講座を実施するほか、グッズも多数販売予定。さらに、各キャラクター5種類から好きなデザインを選ぶこともできる前期(7月21日から8月19日)当日券購入特典も企画されている。
〈関連イベント〉
1.講演会「アニメーションの歴史-過去・現在・未来-」 
日時 7月29日(日)14:00~(約90分)
場所 神戸ファッション美術館 セミナー室1(同館建物4階)
講師 津堅信之(日本大学芸術学部講師) 
定員 90人

2.講演会「エヴァンゲリオン展の見どころ」
日時 8月18日(土)14:00~(約90分)
場所 オルビスホール(同館建物5階)
講師 氷川竜介(明治大学大学院特任教授 本展解説執筆者) 
定員 250人

3.子供のための美術講座「エヴァ色クレヨンをつくろう!クレヨン補完計画」
日時 8月4日(土)14:00~16:00
会場 神戸ファッション美術館 セミナー室2(同館建物4階)
定員 20人(小学生以下)

※すべて事前申し込み要。詳細は同館ホームページを参照
※イベント入場料 無料。別途展覧会入館券(入館済半券も可)が必要
期間2018年7月21日(土)~9月24日(月・振)
※月曜、9月18日(火)休館。但し9月17日、24日は開館
場所神戸ゆかりの美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
開館時間10:00~17:00
※入館は16:30まで
入館料一般1,000円、大学生500円、高校生以下無料
問い合わせ神戸ゆかりの美術館
TEL 078-858-1520

神戸ゆかりの美術館

地域:神戸市東灘区

神戸市東灘区向洋町中2-9-1

078-858-1520

この施設を詳しく見る

掲載日:2018/6/22 16:01



Page Top