このイベントは終了しました。

開催中〜2018年6月17日(日)

BBプラザ美術館『日本の風景をみつめて 須飼秀和 ふるさとの詩(うた)』 神戸市灘区

≪阿蘇山とあそぼーい≫ 2013年 個人蔵

明石在住の画家・須飼秀和さんの作品が一堂に

 神戸市灘区のBBプラザ美術館で現在、明石市在住の画家・須飼秀和さんの作品を紹介する企画展『日本の風景をみつめて 須飼秀和 ふるさとの詩(うた)』が開催されている。6月17日まで。

 須飼さんは二十歳のころにバイクで西日本を旅し、そこでの人との出逢いや、風景に心を動かされ、以来、抜けるような青空と丹念な取材をもとにした日常の営みが人々の郷愁を誘う風景画を描き続けている
。2004年の神戸新聞「郷愁の風景」シリーズの全8回の連載を皮切りに、2008年から12年まで連載された毎日新聞「帰りたい 私だけのふるさと」挿絵や、現在手掛けている毎日新聞兵庫版「ひょうご 見つめたい風景」など、人々の郷愁を誘う作品を多数発表している。同展では、2000年頃から現在までの須飼の風景画とともに、絵本『うなぎのうーちゃん だいぼうけん』(文・黒木真理/発行:福音館書店 2014年)の原画も併せて鑑賞することができる。
開催期間2018年4月10日(火)~ 6月17日(日)
時間10:00~18:00
※入館は17:30まで
場所BBプラザ美術館
(神戸市灘区岩屋中町4-2-7 BBプラザ2F)
GoogleMapで探す
休館日月曜日
入館料一般400円、大学生以下無料
※65歳以上、障害のある人とその付添い1人は半額
問い合わせBBプラザ美術館
TEL 078-802-9286

掲載日:2018/5/27 00:00



Page Top