このイベントは終了しました。

2018年4月7日(土)~5月27日(日)

西宮市大谷記念美術館 追悼特別展『高倉 健』

「追悼特別展 高倉健」メインビジュアル
「神戸国際ギャング」1975© 東映
「鉄道屋(ぽっぽや)」1999 © 「鉄道屋(ぽっぽや)」製作委員会

“日本映画界の大スター”と称された高倉健の全仕事

 2014年に世を去った映画俳優・高倉健の特別展が西宮市大谷記念美術館(西宮市)で4月7日から5月27日まで開催される。

 高倉健の三回忌を機に映画俳優としての仕事を回顧する同展。2016年の東京ステーションギャラリーを皮切りに、北九州市立美術館、北海道の美術館4館、西宮市大谷記念美術館を巡回している。出演作品205本全てから抜粋した出演場面の映像展示をはじめ、台本や小道具、スチール写真、ポスター、プレスシートなど本人所蔵の資料、横尾忠則・森山大道による高倉健をモチーフにした作品が並ぶ。また会期中には、講演会やミュージアムコンサート、ワークショップといった関連イベントも実施される。

 さらに、CinemaKOBE(5月12日~18日)と元町映画館(5月19日~6月1日)では高倉健主演の映画を上映。各会場を回ってスタンプを集めた先着100人に展覧会告知ポスターのプレゼントや、相互の入館料が割引となるコラボレーション企画も行われる。
【映画館とのコラボレーション企画「ー高倉健主演の映画を映画館で見よう!ー」】
・「CinemaKOBE」
期間 5月12日(土)~18日(金)
上映作品 『新幹線大爆破』『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』の2本立て
・「元町映画館」
期間
5月19日(土)~25日(金)上映作品 『飢餓海峡』
5月26日(土)~6月1日(金)上映作品『君よ憤怒の河を渉れ』

※その他の詳細は
公式サイトから

【関連イベント】
(1)講演会「刺青と美術史」
開催日時 4月15日(日)14:00~
講師 宮下規久朗氏(神戸大学教授)
(2)講演会「日本映画史における高倉健」
開催日時 4月22日(日)14:00~
講師 中村聡史氏(関西学院大学非常勤講師)
(3)第166回オータニミュージアムコンサート「“男ごころ”を歌う」
開催日時 4月30日(月・祝)14:00~
出演 畑儀文(テノール)、城村奈都子(ピアノ伴奏)
(4)ワークショップ「フィルム映画のしくみを知ろう!」
開催日時 5月13日(日)14:00~
講師 林未来氏(元町映画館支配人)

※各イベント申し込み方法
(1)~(3)定員100人(小学生以上)、参加費無料、別途要入館料
(1)(2)3月31日(土)より、(3)4月1日(日)よりいずれも9時から電話(TEL 0798-33-0164)で受付開始(先着順)
(4)定員16人(中学生以上)、材料費500円、別途要入館料。申し込みは2人まで。4月26日(木)必着。往復ハガキまたはメール(takakuraws@otanimuseum.jp)のに氏名・年齢・住所・電話番号を明記。応募者多数の場合は抽選
開催期間2018年4月7日(土)~5月27日(日)
開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所西宮市大谷記念美術館
(西宮市中浜町4-38)
GoogleMapで探す
入館料一般 1,000(800)円、高大生 600(400)円、小中生 400(200)円

※( )内は20人以上の団体料金
※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
※心身に障害のある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
※西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書)
※ちらし割引券持参の方は一般1,000円を900円に割引(複製不可)
※前売り:ローソンチケット(Lコード:52221)、イープラス(ファミリーマート、セブンイレブン)で取り扱い。当館でも販売。前売券の販売は4月6日まで
備考同展覧会は映像展示が中心で、全ての展示を鑑賞するには2時間以上必要
問い合わせ西宮市大谷記念美術館
TEL 0798-33-0164

西宮市大谷記念美術館

地域:西宮市

西宮市中浜町4-38

0798-33-0164

この施設を詳しく見る

掲載日:2018/3/16 00:00



Page Top