このイベントは終了しました。

ピックアップへ戻る

2018年3月11日(日)

三木総合防災公園『揚がれ!希望の凧2018in三木』 三木市

1万8千人を超える犠牲者の御霊を悼み、被災地の1日も早い復興を願う「希望の凧」

 東日本大震災から7年目を迎える3月11日、三木総合防災公園(三木市志染町)の中央芝生広場で『揚がれ!希望の凧2018in三木』が開催される。和凧や洋凧などの凧を持参できれば誰でも参加可能。

 「揚がれ!希望の凧」のキャンペーンは、多数の犠牲者の御霊を悼み、被災地の1日も早い復興を願おうと震災の1年後から始まった運動で、震災記念日の前後に、国内外の各地で「希望の凧」を揚げて、被災者との絆を確認し合い、今年で7年目を迎える。今まで国内では20数ヶ所、海外ではパレスチナをはじめとする各国で実施され、国内だけではなく世界中に広がっている。

 当日は、参加者全員で被災地の復興を願いながら「希望の凧」を揚げる。
開催日時2018年3月11日(日)
10:00~14:30 
※雨天中止
場所三木総合防災公園 中央芝生広場
(三木市志染町三津田1708)
GoogleMapで探す
料金参加費無料
持ち物凧(和凧、洋凧、どんな凧でも可)
問い合わせ三木凧の会事務局(三木総合防災公園管理事務所内)
TEL 0794-85-8408

掲載日:2018/3/5 00:00



Page Top