ピックアップへ戻る

2018年7月13日(金)〜24日(火)

映画『15時17分、パリ行き』パルシネマしんこうえんで上映

©2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC

無差別テロに直面した、普通の若者たちの実話

 『アメリカン・ スナイパー』『ハドソン川の奇跡』のクリント・イーストウッド監督が、実話をもとにテロリズムの真実を描いた『15時17分、パリ行き』がパルシネマしんこうえん(神戸市兵庫区)で上映される。7月13日から24日まで。無差別テロに立ち向かった勇敢な若者3人が主人公となる本作、当事者本人が演じるという大胆なスタイルが採用されている。

<ストーリー>2015年8月21日、パリ行きの特急列車内。554人の乗客全員をターゲットにした無差別テロ“タリス銃乱射事件”が起こる。極限の恐怖と緊張感の中、武装した犯人に立ち向かったのはヨーロッパを旅行中だった幼馴染3人のアメリカの若者だった。なぜ彼らは死の恐怖に直面しながらも、命を捨てる覚悟で立ち向かえたのか。当事者の目線から今の時代を生きる私たちすべてに問いかける真実と現実—。
期間2018年7月13日(金)〜24日(火)
10:40〜、15:10〜、19:20〜
※映画『スリー・ビルボード』と2本立て上映
場所パルシネマしんこうえん
(神戸市兵庫区新開地1-4-3)
GoogleMapで探す
料金一般 1,200円
シニア(60歳以上)・大学・専門学生 1,000円
中高生 900円、小学生 700円
作品『15時17分、パリ行き』
2018年3月1日(木)
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ドロシー・ブリスカル
出演 アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン ほか

掲載日:2018/7/9 00:00



Page Top