このイベントは終了しました。

ピックアップへ戻る

2018年2月3日(土)~ 4月15日(日)

春の特別展『雛まつり~江戸から昭和、雛の名品展~』 姫路市

江戸時代の古今雛(左江戸雛、右は京雛)
大正時代の桧皮葺の御殿(丸平作)

“おひなさま”コレクションずらり

 姫路市の日本玩具博物館で現在、春の特別展『雛まつり~江戸から昭和、雛の名品展~』が開催されている。4月15日まで。

 同館の春の恒例となっている雛人形展示では、500組を超えるコレクションの中から様々な時代や地域の雛人形を厳選して展示し、雛飾りの多様性を紹介。面長の人形に硝子玉や水晶玉の両眼が活き活きとした表情を見せる江戸の古今雛(こきんびな)や、公家風の静かな表情が特徴の京阪地方の古今雛など、遷方ごとの対比を見せる。また、江戸時代に比べ大型化し、家の権勢を誇るような贅を尽くした明治時代後期の「御殿飾り」など、時代の変遷を辿りながら華やかな雛飾りの世界に浸ることができる。
開催期間2018年2月3日(土)~ 4月15日(日)
時間10:00~17:00
休館日水曜日(但し祝日は開館)
場所日本玩具博物館
GoogleMapで探す
入館料一般600円、高校・大学生400円、子ども(4歳以上)200円
問い合わせ日本玩具博物館
TEL 079-232-4388

掲載日:2018/2/22 00:01



Page Top