このイベントは終了しました。

開催中~2018年3月5日(月)

企画展『節句の人形』 西宮市

明治天皇 昭憲皇太后 見立て雛人形 五世大木平藏(昭和初期)

子どもの成長願う 節句人形を展示

 西宮市の白鹿記念酒造博物館で現在、雛人形や五月人形の企画展『節句の人形』が開催されている。3月5日まで。

 子どもの健やかな成長や幸せを願って飾られる雛人形や五月人形を紹介する同展では、白鹿の蔵元・辰馬家に所蔵されてきた人形を中心に約130点を展示。1体の大きさが7センチ前後の「二寸雛人形」は、目にガラス製の玉眼を使った雛人形としては最小級とされており、小さく愛らしい姿が人気を集めている。また、京都の老舗人形店の資料室「丸平(まるへい)文庫」所蔵の人形や、戌(いぬ)年にちなみ子どもを守る魔よけとして雛人形と一緒に飾られた犬の人形、犬好きで有名だった明治天皇と皇后の見立て雛人形なども展示され、華やかにひな祭りを盛り上げる。
開催期間2018年1月26日(金)~3月5日(月)
時間10:00~17:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日毎週火曜日(祝日の場合は翌日、連休に含まれる場合は連休明け休館)
場所白鹿記念酒造博物館
(西宮市鞍掛町8-21)
GoogleMapで探す
入館料一般400円、小・中学生200円
問い合わせ白鹿記念酒造博物館
TEL 0798-33-0008

掲載日:2018/2/18 00:00



Page Top