2018年2月3日(土)公開

映画『ローズの秘密の頁(ページ)』

© 2016 Secret Films Limited

めくるたびにあふれる、真実と愛

 『父の祈りを』などで知られるアイルランドの巨匠、ジム・シェリダンの5年ぶりとなる新作『ローズの秘密の頁(ページ)』が2月3日より公開される。激動の時代に翻弄されながらも、たった一つの愛を貫いた女性の生き様と長きにわたり封印されてきたある真実が、現在と過去の時間軸を行き来しながら描かれる。

<ストーリー>取り壊しが決まった聖マラキ病院。精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は転院する患者たちの再診のために病院を訪れる。まず診察したのは、40年以上を病院で過ごしてきたローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)。彼女は自分の赤ん坊を殺した罪を背負っていたが、彼女はその罪を否認し続け、自身を「ローズ・マクナルティ」という偽名で名乗り続けていた。グリーン医師は、ある日ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、グリーン医師を前に自分の人生を語り始める—。
タイトル『ローズの秘密の頁(ページ)』
公開日2018年2月3日(土)
監督・脚本ジム・シェリダン
原作セバスチャン・バリー
出演ーニー・マーラ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、エリック・バナ、ジャック・レイナー、テオ・ジェームズ ほか

シネ・リーブル神戸

地域:神戸市中央区

神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビルディングB1F

078-334-2126

この施設を詳しく見る

掲載日:2018/2/1 16:00



Page Top