このイベントは終了しました。

2018年3月24日(土)~5月27日(日)※月曜日休館

兵庫県立美術館「小磯良平と吉原治良」展

田中千代学園芦屋校アトリエ開き・寄せ書きに描く吉原とそれを見つめる小磯 1952年7月 写真提供:学校法人田中千代学園

具象絵画の巨匠と抽象絵画のパイオニア、2人の軌跡を辿る

 3月24日から5月27日まで、兵庫県立美術館(神戸市中央区)で『特別展「小磯良平と吉原治良」展』が行われる。

 小磯良平と吉原治良は、どちらも戦前から戦中、戦後の昭和に活躍していた画家である。また、主な活動拠点も神戸・阪神間と共通している。活動期も拠点も互いに近い2人だが、その画風やキャリアは実に対照的である。具象絵画を極めた洋画家・小磯と、抽象絵画のパイオニアと呼ばれた吉原、2人の「対照性」と「類似性」が明らかにされ、偉大なるモダニストとしての画業を再確認することができる。同特別展では、それぞれの自画像のほか、小磯の作品「二人の少女」「踊りの前」、吉原の作品「作品」「作品3」などが展示される。

 開催期間中には、学芸員による解説会や夜のガイドツアー、「小磯良平編」「吉原治良編」それぞれの連続鼎談なども行われる。
期間2018年3月24日(土)~5月27日(日)
※月曜日休館(ただし4月30日は開館、翌5月1日は休館)
時間10:00~18:00
※会期中の金・土は夜間20:00まで開館
※入場は閉館の30分前まで
場所兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号)
GoogleMapで探す
観覧料【前売・団体】
一般1,100円、大学生700円、70歳以上550円、高校生以下無料
※前売券は一般、大学生のみ(70歳以上は前売なし)
【当日】
一般1,300円、大学生900円、70歳以上650円、高校生以下無料
問い合わせ兵庫県立美術館
TEL 078-262-0901

掲載日:2018/2/5 00:00



Page Top