2018年2月17日(土)

映画『ミッドナイト・バス』

©2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社

トンネルを抜けると男で、戻ると父親―

 伊吹有喜の同名小説を原田泰造主演で映画化したヒューマンドラマ『ミッドナイト・バス』が2月17日、神戸国際松竹で公開される。

<ストーリー>バツイチの中年男・高宮利一(原田泰造)は、新潟から東京間を走る長距離深夜バスの運転手をしていた。東京で定食屋を営む恋人・志穂(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、息子の怜司(七瀬公)が東京での仕事を辞めて実家に戻ってくる。娘の彩菜(葵わかな)は友人とマンガやグッズのウェブショップを立ち上げ、実現しそうな夢と結婚の間で揺れていた。そんなある夜、利一が運転するバスに16年前に別れた妻・美雪(山本未來)が乗り合わせる。長い時を経てやるせない現実と人生の不安が、再び、利一と美雪の心を近づける。しかし、彩菜はそんな母の出現に反発し、怜司は動揺を隠せずにいた。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が、また動き出す─。
タイトル『ミッドナイト・バス』
公開日2018年2月17日(土)
※その他地域は1月27日(土)より順次公開
監督竹下昌男
原作伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)
出演原田泰造、山本未來、小西真奈美、七瀬公、葵わかな、長塚京三 ほか

神戸国際松竹

地域:神戸市中央区

神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館11F

078-230-3580

この施設を詳しく見る

掲載日:2018/1/25 16:00



Page Top