開催中~2019年3月31日(土)

植村直己冒険館『植村直己語録×黒田征太郎イラスト原画展』 豊岡市

“イノチかけてつかんだコトバ”

 兵庫県出身の冒険家・植村直己(なおみ)さんに関する資料を展示する植村直己冒険館(豊岡市)で現在、『植村直己語録×黒田征太郎イラスト原画展』が開催されている。来年3月31日まで。

 植村さんは、日本人初のエベレスト登頂と、世界初の五大陸最高峰登頂という快挙を達成した冒険家で、1984年2月に冬季のマッキンリーに単独登頂したのち、消息を絶った。同館では、オリジナルの登山靴や、北極点やグリーンランドで使用したフランス製のピッケルといった装備品などが紹介されている。

 今回の展示は、語録集「植村直己さんがイノチかけてつかんだコトバ」の発行を記念して実施。厳しい冒険の中で生まれた植村さんの言葉に感銘を受けたイラストレーターの黒田征太郎さんが、残された言葉をもとに書き起こしたイラストの原画を見ることができる。語録集の販売は同館窓口のみ、1冊800円。
開催期間開催中~2019年3月31日(日)
時間9:00~17:00
※入館は16:30まで
場所植村直己冒険館
GoogleMapで探す
休館日水曜日
入館料大人500円、高校生200円、小・中学生150円
問い合わせ植村直己冒険館
TEL 0796-44-1515

掲載日:2018/2/2 16:00



Page Top