このイベントは終了しました。

2018年1月14日(日)

『野島断層普及講演会2018~淡路島を襲う、南海トラフ巨大地震・津波に備える~』淡路市

南海トラフ地震へ備えて知識を深める

 北淡震災記念公園(淡路市小倉)のセミナーハウスで『野島断層普及講演会2018~淡路島を襲う、南海トラフ巨大地震・津波に備える~』が開催される。

 東日本大震災発生から7年目を向えた今年、南海地震発生についても以前より危険性が指摘されているという。同講演会では、高知大学防災推進センター客員教授で地震地質学者の岡村眞さんと、徳島大学大学院社会産業理工学研究部社会基盤デザイン系教授の馬場俊孝さんらを講師に迎え、今後想定されうる地震やそれに伴う津波が引き起こす災害について考え、野島断層との比較を通してこれらに対する知識をより深めることができる。
開催日時2018年1月14日(日)
13:00~16:15
場所北淡震災記念公園 セミナーハウス
(淡路市小倉177)
GoogleMapで探す
料金参加無料
講演(1)近づく南海トラフ地震に備える-津波堆積物から学ぶ巨大地震-
講師 高知大学名誉教授・高知大学防災推進センター客員教授 岡村 眞

(2)南海トラフ地震に伴う津波の予測
講師 徳島大学大学院社会産業理工学研究部社会基盤デザイン系教授 馬場俊孝

(3)淡路島の地震・津波対策について
講師 兵庫県淡路県民局総務企画室総務防災課班長 菅原崇行
定員150人
申し込み方法申し込み不要
問い合わせ淡路市文化遺産活用実行委員会(淡路市教育委員会社会教育課)
TEL 0799-64-2520

掲載日:2018/1/11 16:00



Page Top