2018年1月13日(土)公開

映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』

©Museo Nacional del Prado ©Lopez-Li Films

この世は地獄か?天国か?

 没後500年、謎に満ちたオランダの画家の素顔に迫るドキュメンタリー映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』がシネ・リーブル神戸(神戸市中央区)にて1月13日より公開される。

 15~16世紀のネーデルランドで活躍した天才画家ヒロニエムス・ボスは、人物像の詳細はおろか生年月日も不明、現存する作品は25点のみと謎に満ちた人物。彼の作品群の中で最高傑作にして美術史上最も異彩を放つ作品として知られる三連祭壇画「快楽の園」は、エロチックでグロテスクな“天国と地獄”が所狭しと広がる奇想天外な世界が描かれている。ボスは誰のために、何のために描いたのか。ボス没後500年を迎え、プラド美術館全面協力のもと、ドキュメンタリー作家のホセ・ルイス・ロペス=リナレスが“悪魔のクリエイター”とも呼ばれたボスの創作の謎と素顔に迫る—。
タイトル『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』
公開日2018年1月13日(土)
監督ホセ・ルイス・ロペス=リナレス
出演ラインダー・ファルケンブルグ、オルハン・パムク、サルマン・ラシュディ、セース・ノーテボーム、ルネ・フレミング ほか

シネ・リーブル神戸

地域:神戸市中央区

神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビルディングB1F

078-334-2126

この施設を詳しく見る

掲載日:2018/1/5 16:00



Page Top