このイベントは終了しました。

開催中~2018年2月20日(火)

日本玩具博物館 冬の企画展『犬のおもちゃ』 姫路市

左から芝原土人形(千葉県)、浜松張子(静岡県)、鶴岡土人形(山形県)、 稲畑土人形(兵庫県)、古賀土人形(長崎県)
稲畑土人形(丹波市)

郷土玩具から近代玩具まで約350点を展示

 日本の郷土玩具や近代玩具、人形など、総数9万点を超える資料が収蔵されている日本玩具博物館(姫路市)にて、干支に合わせた毎年恒例の冬の企画展『犬のおもちゃ』が開催中。期間は来年2月20日まで。

 同展では、来年の干支であり、古来より親しまれてきた“犬”をモチーフにした玩具約350点を展示。土や木、紙、植物などを用いて日本各地で古くから作られている郷土玩具をはじめ、ブリキやセルロイドの近代玩具、イタリア・スウェーデン・ギリシャなど世界各地の民芸的な玩具などを見ることができる。

 また、同館6号館では世界55ヵ国のクリスマスオーナメントがずらりと並ぶ「世界のクリスマス」も来年1月21日まで同時開催。世界55ヶ国1000点のクリスマス飾りが展示されている。
開催期間2017年11月18日(土)~2018年2月20日(火)
開館時間10:00~17:00
場所日本玩具博物館 1号館
(姫路市香寺町中仁野671-3)
GoogleMapで探す
アクセス・電車
JR播但線「香呂駅」から東へ徒歩約15分、またはタクシー約5分

・車
播但有料道路「船津ランプ」下車し西へ約5分
中国自動車道「福崎IC」下車し南へ約15分
※無料駐車場30台あり
料金一般600(480)円、高校・大学生400(320)円、子ども(4歳以上)200(160)円
※()内は20人以上の団体料金
問い合わせ日本玩具博物館
TEL 079-232-4388

掲載日:2017/12/17 00:00



Page Top