2017年11月25日(土)公開

映画『光』

©三浦しをん/集英社 ©2017「光」製作委員会

僕たちは人間のふりをして生きている

 「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをんが人間の闇を描いた同名小説を原作に映画化した『光』が11月25日より公開される。

<ストーリー>東京の離島、美浜島。閉塞感のある日々を過ごす中学生・信之(福崎那由他)の毎日は、美しい恋人の美花(紅甘)を中心に回っていた。信之を慕う年下の輔(岡田篤哉)は、父親から激しい虐待を受けていたが、誰もが見て見ぬふりをしていた。ある夜、信之は美花と待ち合わせをした場所で美花が男に犯されている姿を目撃し、美花を救うために男を殺してしまう。その夜、島に突如天災が襲いかかり、すべてが消滅。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。それから25年が経ち、島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる。妻子とともによき父として暮らしている信之(井浦新)と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花(長谷川京子)。誰からも愛されずに育った輔(瑛太)が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくる—。
タイトル『光』[R15+]
公開日2017年11月25日(土)
監督・脚本大森立嗣
原作三浦しをん(「光」集英社文庫刊)
出演井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ ほか

シネ・リーブル神戸

地域:神戸市中央区

神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビルディングB1F

078-334-2126

この施設を詳しく見る

掲載日:2017/11/7 16:00



Page Top