ピックアップへ戻る

開催中~2017年11月26日(日)

兵庫県立考古博物館 開館10周年記念『青銅の鐸と武器ー弥生時代の交流ー』 加古郡播磨町

南あわじ市で発見された銅鐸をはじめ国宝・重要文化財を含む約60点を展示

 兵庫県立考古博物館(加古郡播磨町)で現在、『青銅の鐸と武器ー弥生時代の交流ー』が開催されている。期間は11月26日まで。

 南あわじ市で発見された銅鐸を基軸に、弥生時代の青銅器に焦点を当てた同展。銅鐸や武器など弥生時代の青銅器製造から流通、使用と埋納の在り方を通して弥生時代の交流を知ることができる。島根県荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡、兵庫県桜ヶ丘遺跡出土の国宝の銅鐸などをはじめ、国宝・重要文化財を含む約60点が並ぶ。また会期中の日曜日には、展示解説も実施されている。
開催期間開催中~2017年11月26日(日)
※月曜休館
開館時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所兵庫県立考古博物館
(加古郡播磨町大中1-1-1)
GoogleMapで探す
アクセスJR「土山駅」から徒歩約15分
観覧料大人500円、大学生400円、高校生以下無料
関連イベント「展示解説」※要観覧券
日時 会期中の日曜日13:30~14:00
問い合わせ兵庫県立考古博物館
TEL 079-437-5589

兵庫県立考古博物館

地域:加古郡播磨町

加古郡播磨町大中1-1-1

079-437-5589

この施設を詳しく見る

掲載日:2017/11/7 00:00



Page Top