2017年12月2日・9日・16日、1月13日・20日・27日、2月3日・10日・17日・24日

コヤノ美術館・西脇館『ナイトミュージアム』 西脇市

大正時代の洋館や「枯山水」の中庭が冬空に映える

 国の登録有形文化財に登録されているコヤノ美術館・西脇館(西脇市市原町)で12月・1月・2月の特定日に、夜間開館イベント『ナイトミュージアム』が開催される。入館は完全予約制。

 同館は、旧国鉄鍛冶屋線建設や西脇商業銀行の立ち上げなどに尽力したという豪農「藤井家」の邸宅を修復し、2008年から美術館として公開。貴重で珍しい木材や一級品の建築様式、体験可能な秘密の隠し部屋、現在は作ることの出来ない手織り中継ぎ畳などを見学できるほか、全国各地から収集した美術品や民芸品といったコレクションが企画・展示されている。

 『ナイトミュージアム』では、普段は行っていない夜間18時からの見学を受け付ける(要事前予約)。大正期の洋館や昭和初期に建築された離れ、「枯山水」の中庭などを、ガイドの解説と共に楽しむことができる。
開催日2017年12月2日(土)・9日(土)・16日(土)
2018年1月13日(土)・20日(土)・27日(土)
2018年2月3日(土)・10日(土)・17日(土)・24日(土)
時間18:00~(約60分~90分程度)
場所コヤノ美術館・西脇館
(西脇市市原町139)
GoogleMapで探す
アクセス中国自動車道「滝野社IC」から約15分
※駐車場あり
入館料大人800円、小中学生300円
問い合わせ090-1919-0481(予約専用)

掲載日:2017/11/13 00:00



Page Top