ピックアップへ戻る

2017年10月7日(土)~12月17日(日)

香雪美術館『利休と剣仲 千利休と藪内剣仲ー侘数寄の心』 神戸市東灘区

実際に使用された茶道具や自筆の書などを展示

 神戸市東灘区の香雪美術館で現在、『利休と剣仲 千利休と藪内剣仲ー侘数寄の心』が開催されている。期間は12月17日まで。

 堺の町衆であった千利休と藪内流初代藪内剣仲(やぶのうちけんちゅう)は、共に武野紹鴎門下で侘茶を学んだ。剣仲は、1596年に紹鴎から「紹」の一字を頂き「紹智」と名乗り、大徳寺の春屋和尚に参禅して「剣仲」の道号を授かる。そして利休の媒酌によって古田織部の妹を妻とし、紹鴎亡き後、兄弟子である利休から相伝とともに茶室「雲脚」を、織部からは茶室「燕庵」と露地・表門等を賜った。藪内流は京都西本願寺とゆかりがあり、その茶法は書院風の古格を今に伝えている。

 同展では、茶室「雲脚」に贈られた扁額や、「燕庵井戸」と呼ばれる茶碗、『南方録』に紹鴎忌の茶会に使用されたとある「漢作唐物 利休丸壷茶入」など、多彩な伝来を持つ作品とその背景にみえる2人の深い交流が紹介されている。また会期中の毎週土曜日には学芸員によるギャラリートークも実施。
開催期間2017年10月7日(土)~12月17日(日)
※月曜(祝日の場合は翌日)休館
時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所香雪美術館
(神戸市東灘区御影郡家2-12-1)
GoogleMapで探す
アクセス阪急「御影駅」徒歩約5分
入館料一般700(550) 円、高・大学生450(350)円、中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金
関連イベント「ギャラリートーク」
開催日 会期中の毎週土曜日
※但し11月25日は除く
時間 14:00~
参加費 無料 ※別途要入館料
問い合わせ香雪美術館
TEL 078-841-0652

公益財団法人 香雪美術館

地域:神戸市東灘区

神戸市東灘区御影郡家2-12-1

078-841-0652

この施設を詳しく見る

掲載日:2017/10/16 00:00



Page Top