ピックアップへ戻る

2017年11月18日(土)、19日(日)

『御食国(みけつくに)・和食の祭典in淡路島』洲本市

和食文化を知り「御食国」の味を体感

 洲本市文化体育館(洲本市)にて11月18日と19日、淡路・若狭・志摩・京都の食材と多彩な食文化を楽しむ『御食国(みけつくに)・和食の祭典in淡路島』が開催される。

 古代、皇室や朝廷に納めていた御食国(淡路・若狭・志摩)の食材を使って京都を中心に発展してきた「和食」文化の魅力を体験できるイベントで、兵庫・福井・三重・京都が連携して初めて開催される。

 当日は、選りすぐりの食材を使った多彩な食が並ぶフードコートをはじめ、有名料亭の味や京都の食材を使用したメニューが味わえるブースを展開。フードコートでは、テレビドラマ「高校生レストラン」のモデルとなった三重県立相可高等学校・食物調理科の生徒が営む「まごの店」も出店するという。また、会場内には和食文化に関わりの深い日本酒などの試飲・販売や抹茶教室などの体験コーナー、淡路島の“島スイーツ”や兵庫のスイーツが味わえる「淡路の島カフェコーナー」が設けられるほか、各地域の特産品などを使った「御食国弁当(数量限定)」の販売も実施。さらに、御食国を学ぶ講演会「御食国サミット」も開催され、御食国の歴史や関西の和食の魅力について学ぶこともできる。

 会場では当日、淡路島の“美味しいもの”を集めた『食のブランド「淡路島」オータムメッセ2017』、淡路島日本遺産にかかるワークショップの発表会が行われる『淡路島日本遺産フェスティバル』も同時開催される。
日時2017年11月18日(土)、19日(日)
11:00〜16:30
場所洲本市文化体育館(洲本市塩屋1-1-17)
GoogleMapで探す
料金入場無料
※体験コーナーや物販購入は別途料金必要
問い合わせ京都府観光政策課
TEL 075-414-4854

掲載日:2017/11/8 16:00



Page Top