ピックアップへ戻る

2017年11月18日(日)、23日(木・祝)

姫路市立動物園 カピバラの赤ちゃん誕生、11月18日・23日は入園無料に

母親に甘える姿が愛らしい6つ子

 世界文化遺産「姫路城」の三の丸広場に隣接する姫路市立動物園(姫路市)で9月7日、カピバラの赤ちゃんが誕生した。オスのカロン3歳、メスのオモチ3歳の間に6匹の赤ちゃんが誕生、同園でカピバラが生まれたのは 初めてだという。

 母親のオモチは初産、飼育員は10月の出産を想定していたが予定より少し早めの9月7日にその日を迎えた。赤ちゃんは現在、動物園の正面入口近くのカピバラ舎ですでに公開されており、母親にくっついて甘える愛らしい姿に来園者からは「可愛い!」などの歓声が上がっている。9月18日に同園で行われた「動物愛護フェスティバル」でも、たくさんの人が足を止め人気を集めた。

 また、関西2府8県の文化施設を対象に入場無料となる恒例イベント「関西文化の日」と「勤労感謝の日」にあわせて11月18日・23日は入園が無料となる。ゾウの「姫子」をはじめ、ホッキョクグマやキリンを間近で見られるほか、モルモットやミニブタと触れ合える「ふれあい広場」などが楽しめる。
入園無料対象日2017年11月18日(日)、23日(木・祝)
場所姫路市立動物園
(姫路市本町68番地 姫路城東側)
GoogleMapで探す
問い合わせ姫路市立動物園
TEL 079-284-3636

掲載日:2017/10/1 16:01



Page Top