このイベントは終了しました。

2017年9月16日(土)~10月15日(日)

神戸開港150年記念『港都KOBE芸術祭』アート鑑賞船

古巻和芳『九つの詩片-海から神戸を見る』
西村正徳『O2ひまわり/Thank-You Presents to Oxygen』
新宮晋『ウインドキャラバン』
井上廣子 + 井上凱彦建築計画事務所『風の回廊』
アート鑑賞船(神戸シーバス ファンタジー号)

海から眺める45分の“アート旅”

 国内外で活躍する作家19組が“時を刻み、豊かな広がりへ”をテーマに、個性溢れる様々な作品を神戸港や神戸空港などのオープンスペースで展示している『港都(こうと)KOBE芸術祭』。その中でも海上から作品を鑑賞できる「アート鑑賞船」が今話題を集めている。

 「アート鑑賞船」ではメリケンパークから「神戸シーバス ファンタジー号」に乗船、神戸港から神戸大橋を巡る中で10作品を楽しめる。

 船首2階デッキ部分には古巻和芳さんの作品『九つの詩片-海から神戸を見る』が設置されていた。神戸を題材にした詩が書かれた透明のボードを掲げれば、神戸の景色が背景となった瞬間的なアート作品が完成する。神戸大橋のふもとにある北公園には3つのオブジェが並び、工業用酸素ボンベの上に花開くひまわりを模した西村正徳さんの作品や透明アクリル板に白い木目が描かれ、夕方には美しくライトアップされる小曽根環さんの作品、金土日祝限定でライブイベントも行われるという建築家ユニット「ドットアーキテクツ」の作品が観客の目を楽しませる。
 船上では神戸新長田を拠点に活動するコンテンポラリーダンスグループ「NPO DANCE BOX」による、波の揺れに身を任せたような不思議なダンスが展開され、その場がアート空間に変貌。メリケンパークに戻ってくる頃、右側の新港第一・第二突堤には、様々な国の子ども達の顔写真が貼り込まれたコンテナの『風の回廊』、新宮晋さんの『ウインドキャラバン』が見える。どちらもタイトルに風が入った、神戸の国際交流の歴史を感じさせる作品だ。

 アート鑑賞船は10時から16時までの間に平日6便、土日祝は7便が出港する。神戸港の心地よい海風とともに芸術作品を楽しめる船旅は「芸術の秋」に入り、更に人気を集めそうだ。
神戸開港150年記念『港都KOBE芸術祭』
期間 開催中~10月15日(日) ※会場によって期間・時間が異なる
会場 神戸港、神戸空港島 周辺
料金 入場無料 ※アート鑑賞船は有料
出展作家 井上廣子+井上凱彦建築計画事務所、植松琢麿、NPO DANCE BOX、小曽根環、川村麻純、小清水漸、古巻和芳、新宮晋、椿昇、ドットアーキテクツ、西野康造、西村正徳、林勇気、藤本由紀夫、やなぎみわ、山村幸則、チェ・ジェヨン(韓国・光州)、ジャン・モン(中国・天津)、ウ・シャンミン(中国・天津)
乗船場所中突堤中央ターミナル「かもめりあ」前 5番のりば
(神戸市中央区波止場町7-1)
料金大人1,200円、中高生1,000円、小学生600円、60歳以上1,000円、幼児無料(保護者同伴)
※障がい者手帖の提示で正規料金の半額、介助者は同伴者1人も半額
チケット中突堤中央ターミナル「かもめりあ」内 神戸シーバスチケットカウンターで販売
出港時刻〈平日〉10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00
〈土・日・祝〉10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00

掲載日:2017/10/2 00:01



Page Top