ピックアップへ戻る

2017年11月3日(金)~2018年1月21日(日)

日本玩具博物館『世界のクリスマス』姫路市

メキシコのブリキのツリー

世界55ヶ国1000点のクリスマス飾りを展示

 日本の郷土玩具や伝統人形をはじめ世界160ヵ国の玩具や人形など、9万点を超える資料が収蔵されている日本玩具博物館(姫路市香寺町)で、冬の特別展『世界のクリスマス』が11月3日から2018年1月21日まで開催される。

 同展では世界55ヶ国1000点のクリスマス飾りを集め「世界のクリスマス造形」と「ヨーロッパのクリスマス」の2つをテーマに展示。「世界のクリスマス造形」は、待降節のカレンダー、クリスマス菓子とオーナメント、キャンドルスタンドと光の造形材のオーナメントなど6つの項目でクリスマス造形の意味を探るという。また、「ヨーロッパのクリスマス」では、北欧、中欧、南欧、東欧の4つの地域に分けて、本場ヨーロッパの伝統的なクリスマスオーナメントを紹介するという。日本玩具博物館の担当者は「遠い国々のクリスマスに思いをはせながら、クリスマス行事の奥行の深さと文化の豊かさを感じていただければ幸いです」の話す。なお、11月23日、12月3日、17日、23日は展示解説会が実施される予定で、世界各地のクリスマス飾りの特徴について同館学芸員が展示品を取り出しながら案内するほか、各国のキャンドルに火を点すという。
開催期間2017年11月3日(金)~2018年1月21日(日)
時間10:00~17:00
場所日本玩具博物館 6号館
(姫路市香寺町中仁野671-3)
GoogleMapで探す
アクセス・電車
JR播但線「香呂駅」から東へ徒歩約15分、またはタクシー約5分

・車
播但有料道路「船津ランプ」下車し西へ約5分
中国自動車道「福崎IC」下車し南へ約15分
※無料駐車場30台あり
料金一般600(480)円、高校・大学生400(320)円、子ども(4歳以上)200(160)円
※()内は20人以上の団体料金
問い合わせ日本玩具博物館
TEL 079-232-4388

掲載日:2017/10/2 16:00



Page Top