ピックアップへ戻る

2017年10月14日(土)~12月3日(日)

竹中大工道具館 企画展『千年の甍ー古代瓦を葺くー』 神戸市中央区

平城宮跡大極殿:文化財建造物保存技術協会提供
東大寺大仏殿昭和大修理:山本瓦工業提供
古代瓦の制作道具(一部):山本瓦工業提供
唐招提寺金堂の鴟尾:山本瓦工業提供
東大寺の鬼瓦:山本瓦工業提供

瓦に込められた職人の心意気

 大工道具をテーマとした博物館・竹中大工道具館(神戸市中央区)で10月14日から12月3日まで、企画展『千年の甍(いらか)ー古代瓦を葺くー』が開催される。

 同展では古代瓦にスポットをあて、瓦の形や紋様などの意匠面だけではなく、葺く技術にも焦点をあて、建築という切り口から瓦を読み解く。展示内容は、日本の風土に合わせて独自の変化・発展を遂げてきた瓦の歴史を辿る「千年の甍」、瓦葺職人である山本清一さんが古代瓦の作り方を紹介している「古代瓦をつくる」、葺き方の知恵と技術を紹介する「瓦を葺く」、鴟尾(しび)・鬼瓦・軒瓦、さらには姫路城大天守の鯱(しゃち)が展示される「トピックス展示」の4章で構成。

 また会期中には、講演会「職人と語る瓦屋根のはなし」やセミナー「世界の瓦と日本の瓦」、ワークショップ「鬼瓦クッキーをつくろう!」も行われる。
講演会「職人と語る瓦屋根のはなし」
開催日時 2017年11月5日14:00~16:30
場所 ラッセホール大会場(神戸市中央区山手通4-10-8)
GoogleMapで探す
参加費 無料
定員 当日先着200人
申し込み 不要
講師
鈴木嘉吉(元奈良文化財研究所所長)
山本清一(山本瓦工業株式会社社長)
司会
大脇潔(元近畿大学文芸学部文化学科教授)

セミナー「世界の瓦と日本の瓦」
開催日時 2017年11月18日(土)13:30~15:00
場所 神戸芸術センター会議室(神戸市中央区熊内橋通7-1-13)
GoogleMapで探す
参加費 無料
定員 80人(事前申し込み制)
申し込み締め切り 2017年10月27日(金)必着
申し込み方法 公式サイトにて
講師 大脇潔(元近畿大学文芸学部文化学科教授)

ワークショップ「鬼瓦クッキーをつくろう!」
開催日 2017年10月22日(日)・11月19日(日)
時間 (1)10:00~12:00(2)14:00~16:00
場所 竹中大工道具館地下 2階 木工教室
参加費 3000円(入場料込み)
定員 小学4年生以上の親子15組(事前申し込み制)
申し込み締め切り
10月22日(日)開催、10月7日(土)必着
11月19日(日)開催、10月20日(金)必着
申し込み方法 公式サイトにて
開催期間2017年10月14日(土)~12月3日(日)
※月曜休館、祝日の場合はその翌日
開館時間09:30~16:30(入館は16:00まで)
場所竹中大工道具館 1Fホール
(神戸市中央区熊内町7-5-1)
GoogleMapで探す
アクセス山陽新幹線「新神戸駅」から徒歩約3分
神戸市営地下鉄「新神戸駅」から徒歩約3分
入館料一般500(400)円、65歳以上200(200)円、大学生・高校生300(250)円、中学生以下無料
※()内は20人以上の団体料金
問い合わせ竹中大工道具館
TEL 078-242-0216

掲載日:2017/9/27 16:00



Page Top