2017年10月14日(土)~11月26日(日)

黒川古文化研究所『刀剣のかがやき 刀装具のいろどり』 西宮市

短刀 銘 来国次(名物鳥飼来国次)
鎌倉時代 稲葉家伝来
林又七 霞桜透鐔 江戸前期
岡本尚茂 鈍太郎図目貫
江戸中期

豊臣秀吉や徳川家康など名だたる武将の手にした名物「鳥飼来国次」初公開

 黒川古文化研究所(西宮市苦楽園)で10月14日から11月26日まで『刀剣のかがやき 刀装具のいろどり』が開催される。

 同展は、豊臣秀吉や徳川家康など名だたる武将の手を経て、山城淀藩主稲葉家に伝来した短刀、名物「鳥飼来国次」が昨年同館に寄贈されたことを記念して実施。「鳥飼来国次」を初公開するほか、刀剣、細かな紋様が彫られた鐔(つば)、刀装具など所蔵品の中から厳選した国宝、重要文化財を含む約60点が一堂に展示される。また会期中には、研究員が展示内容を解説する鑑賞講座と公開研究会も行われる(要申し込み)。

 なお期間中の土・日・祝日は、阪急苦楽園口駅と同館を結ぶ無料シャトルバスが運行される。
開催期間2017年10月14日(土)~11月26日(日)
開館時間10:00~16:00(受付は15:30まで)
場所黒川古文化研究所
(西宮市苦楽園三番町14-50)
GoogleMapで探す
アクセス阪急「夙川駅」からタクシーで約10分
※期間中の土・日・祝日は阪急「苦楽園口駅」から無料シャトルバスを往復運行(詳細は公式サイトにて)
入館料一般500(400)円、高大学生300(240)円、中学生以下は無料
※( )内は20人以上の団体料金
関連イベント鑑賞講座「江戸時代の文人画家と剣術、刀剣」
開催日時 2017年10月28日(土)13:30~

公開研究会「高精細画像でみる刀剣」
開催日時 2017年11月4日(土)13:30~

鑑賞講座「中国古代の剣と刀」
開催日時 2017年11月11日(土)13:30~

鑑賞講座「一世紀ぶりの再会-名物「鳥飼来国次」と「籠手切郷」-」
開催日時 2017年11月18日(土)13:30~

※9月19日(火)10:00より申し込み開始
※各回先着80人
申し込みなど詳細は公式サイトにて

問い合わせ黒川古文化研究所
TEL 0798-71-1205

掲載日:2017/9/18 00:00



Page Top