このイベントは終了しました。

ピックアップへ戻る

2017年7月13日(木)〜10月9日(月・祝)

神戸ファッション美術館 特集テーマ『昆虫とファッション』 神戸市東灘区

ディナー・アンサンブル 1998 S/S beauty:beast
ジャンヌ・ランバン 1970年頃
イヴニング・ドレス マドレーヌ・ヴィオネ 1933年頃 フランス
ペーパー・ドレス 1967年頃 アメリカ

美しい昆虫たちの魅力に人が近づき、変身願望を叶える衣装を展示

 神戸市東灘区の神戸ファッション美術館では収蔵品にテーマを設けて紹介するベーシック展示を実施しており、7月13日からは特集テーマを『昆虫とファッション』として作品を公開する。期間は10月9日まで。

 てんとう虫の「水玉」、トンボやセミの羽の「透明」、昆虫の身体を彩る「メタリック」の色彩など、昆虫の持つ美しさは人間のファッションの中にも活かされている。また、昆虫は身を守るために風景に「擬態」するが、人間もその風景に同化する衣装を身につければ昆虫の「擬態」を擬似的に行うことができる。同展では、神戸ファッション美術館所蔵作品の中から「水玉」「透明」「メタリック」「擬態」というキーワードをもとに約25点の衣装、靴、ファッション写真を選出。美しい昆虫たちの魅力に人が近づき、変身願望を叶えることができるような作品の数々が展示される。

 さらに、館内に設置されたiPadの専用アプリで同館のコレクション衣装をバーチャル試着体験することができる「着せかえサイネージシステム」にも、『昆虫とファッション』の衣装が登場。アプリで撮影した展示衣装の着用画像は1枚につき100円でポストカードとして持ち帰ることができるほか、QRコードを読み込むことでデジタルデータとしての保存も可能。
タイトルベーシック展示
特集テーマ『昆虫とファッション』
開催期間2017年7月13日(木)〜10月9日(月・祝)
10:00〜18:00
場所神戸ファッション美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
休館日月曜日
7月18日(火)、9月19日(火)
※7月17日(月・祝)、9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
アクセス六甲ライナー「アイランドセンター駅」から徒歩すぐ
料金一般 500円(400円)、小・中学・高校生・65歳以上 250円(200円)
※「神戸ゆかりの美術館」、「小磯記念美術館」へは当日入館券の半券提示により割引料金で入館可能。
※( ) 内は30名以上の団体料金
※上記料金で特別展示とベーシック展示の両方を観覧可能。
問い合わせ神戸ファッション美術館
TEL 078-858-0050

神戸ファッション美術館

地域:神戸市東灘区

神戸市東灘区向洋町中2-9-1

078-858-0050

この施設を詳しく見る

掲載日:2017/7/6 16:00



Page Top