このイベントは終了しました。

2017年3月の毎週日曜日

伊丹市立図書館ことば蔵、市内在住の芥川賞作家2人の誕生日祝う1ヵ月

田辺さんと宮本さんの全著書が並ぶ「伊丹作家コーナー」(ことば蔵2階)

様々なイベントで田辺聖子さん・宮本輝さんの魅力発信

 伊丹市立図書館「ことば蔵」(伊丹市宮ノ前)が、市内在住の芥川賞作家・田辺聖子さん(1928年3月27日生まれ)と宮本輝さん(1947年3月6日生まれ)の誕生月にちなみ、毎年3月を「伊丹作家バースデイズ月間」と銘打ち、2人の文学の魅力を発信するイベントを毎週日曜日に開催する。

 田辺さんは、樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大学)を卒業後、芥川賞など数多くの文学賞を受賞し、同館の開館に合わせ名誉館長に就任。一方宮本さんは、追手門学院大学を卒業し、25歳から伊丹市に移り住み、芥川賞などを受賞、多くの作品が映画化やドラマ化されている。

 同館では両作家の全著書と直筆原稿などを展示する「伊丹作家コーナー」を常設しており、3月に田辺さんが89歳、宮本さんが70歳(古希)を迎えるのに合わせ誕生日を祝い、伊丹ゆかりの作家の文学に触れるきっかけにしてもらうために初めて企画された。

 宮本さんの誕生日前日の3月5日には、追手門学院大学の図書館職員が同館にある「宮本輝ミュージアム」などの魅力について紹介する講演会や、宮本ファンが集う喫茶「青い屋根」まで走り、コーヒーを飲みながらマスターの寺田憲治さんが語る宮本さんのエピソードを聞くイベントのほか、大阪樟蔭女子大学田辺聖子文学館の学芸員による講演も実施。12日は両作家の著書から1冊を選び、1人5分間で紹介し観覧者の投票で1番読みたくなった“チャンプ本”を決める知的書評合戦「ビブリオバトル」、19日は「伊丹ゆかりの作家」をテーマにおすすめの本を持ち寄り、本の紹介を通して交流する「カエボン部」が行われる。田辺さんの誕生日前日の26日は田辺さんの著書で、与謝野晶子と鉄幹の伝記小説『千すじの黒髪』の英訳本を題材に、英語表現の奥深さを学ぶ「コトバーシティ英語読解講座」を開催。各イベントの参加者には、架空の本のタイトルの出来を競う「第2回タイトルだけグランプリ」で応募966点から選ばれた田辺聖子名誉館長賞などの4作品をブックカバーにしてプレゼントする。

 また、両作家の著書の中から1番好きな本に投票してもらい、人気ベスト3を同館発行の『伊丹公論』復刊第16号(5月31日発行)で発表。書名と選んだ理由を記入し、3月31日(必着)までに直接か郵送・FAX・ホームページで1人各1票を投票できる。
内容2017年3月5日(日)
14:00~
田辺聖子文学館講演「田辺文学への誘い」
15:30~
宮本輝ミュージアム講演「宮本文学の世界」
16:30~(雨天中止)
ことば蔵ランナーズクラブ「『青い屋根』コース」

2017年3月12日(日) 14:00~
知的書評合戦ビブリオバトル「田辺聖子と宮本輝」
※バトラー希望者はことば蔵まで要申し込み

2017年3月19日(日) 14:00~
おすすめ本の交換会 カエボン部「伊丹ゆかりの作家」

2017年3月26日(日) 14:00~
コトバ―シティ英語読解講座
田辺聖子『千すじの黒髪』を英語で味読快読
場所伊丹市立図書館ことば蔵
(伊丹市宮ノ前3-7-4)
GoogleMapで探す
料金参加無料
※ランナーズクラブのみ300円(コーヒー代)
問い合わせ伊丹市立図書館ことば蔵
TEL 072-784-8170

掲載日:2017/3/3 00:00



Page Top