特集へ戻る

2017年3月3日(金)公開

映画『ラビング 愛という名前のふたり』

©2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

ただ、一緒にいたかった—

 1958年のアメリカを舞台に、異人種間の結婚が違法だった当時に結ばれたラビング夫妻の実話を元したラブストーリー『ラビング 愛という名前のふたり』が3月3日より公開される。

<ストーリー>レンガ職人のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、恋人のミルドレッド(ルース・ネッガ)から妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。しかし、1958年のバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。それでも子どもの頃に出会って育んだ友情が愛情へと変わっていった2人にとって別れるなどあり得ないこと。2人は法律で許されるワシントンDCで結婚をして地元で暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。2人は離婚か生まれ故郷を捨てるかの選択を迫られる—。
タイトル『ラビング 愛という名前のふたり』
公開日2017年3月3日(金)
監督ジェフ・ニコルズ
出演ジョエル・エドガートン、ルース・ネッガ ほか

シネ・リーブル神戸

地域:神戸市中央区

神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビルディングB1F

078-334-2126

この施設を詳しく見る

掲載日:2017/2/14 16:00



Page Top