特集へ戻る

2017年2月1日(水)~3月26日(日)

「アカデミー・バー」壁画を初公開 神戸市東灘区

小磯良平をはじめ、文化人16人の寄せ書き

 神戸の老舗バー「アカデミー・バー」の店内に飾られていた画家・小磯良平など文化人16人が絵を寄せ描きした壁画が、神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)で公開されている。「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展」内で3月26日まで展示。

 「アカデミー・バー」は昨年2月に立ち退きにより建物が解体されることになったため、店主・杉本紀夫(すぎもと のりお)さんが専門業者に依頼して壁画の切り取りを行い、その後神戸市に寄贈された。市では、この壁画を神戸ゆかりの芸術家たちが描いた貴重な絵画であると共に、神戸の文化史として重要な史料であると考え、公開するためにおよそ半年にわたる修復作業を進めてきた。

 壁画には、洋画家で文化勲章受賞者の小磯良平をはじめ、同じく洋画家で文化功労者の田村孝之助、詩人・竹中郁、芸術家・中村真など16人の作家が1950年代に残した絵が描かれており、展示では文化人たちが足繁く通った当時のバーの雰囲気を残すため四周の丸太材をそのまま額として加工し使用されている。
開催期間2017年2月1日(水)~3月26日(日)
休館日月曜日(月曜祝日の場合は翌火曜休館)
時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所神戸ゆかりの美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
入館料一般200(150)円、小中高生100(50)円、65歳以上100(50)円
※( )内は30名以上の団体割引料金
※のびのびパスポート持参の方、無料
※神戸市すこやかカード提示の方、無料
※神戸ファッション美術館、小磯記念美術館、神戸市立博物館の当日入館券(半券)をお持ちの方、割引
問い合わせ神戸ゆかりの美術館
TEL 078-858-1520

神戸ゆかりの美術館

地域:神戸市東灘区

神戸市東灘区向洋町中2-9-1

078-858-1520

この施設を詳しく見る

掲載日:2017/3/10 16:00



Page Top