このイベントは終了しました。

特別展『ガウディ×井上雄彦』 神戸市中央区

≪サグラダ・ファミリア聖堂:模型≫
制作:サグラダ・ファミリア聖堂模型室
©Basilica de la Sagrada Familia
 サグラダ・ファミリアなどを手がけたスペインの建築家アントニ・ガウディ(1852~1926年)と人気漫画『SLAM DUNK』『バガボンド』などで知られる井上雄彦さんがコラボレーションする特別展が3月21日、兵庫県立美術館(神戸市中央区)で始まる。

 ユネスコ世界遺産にも登録される数々の独創的な作品をデザインしたガウディの自筆スケッチや図面、大型の建築模型など約100点を紹介する。身体が弱く内気だった少年時代から建築家としてはまだ無名だった頃、建築界に名を馳せるようになった黄金期、そして没後100年にあたる2016年に完成が予定されている巨大教会「サグラダ・ファミリア」の3章仕立てで構成され、その生涯を井上さんが1500年の歴史を持つ越前和紙に墨で描いた作品約40点で表現する。井上さんは同展のため、実際に1ヵ月間スペインのバルセロナで生活。ガウディの建築作品カサ・ミラの一室をアトリエにして、ガウディから受けたインスピレーションをもとに創作に臨んだという。

 また同展では、バルセロナで撮影された映像や井上さんの絵画が動き出すプロジェクションマッピングによる演出なども行われ、2人のアーティストによる時空を超えたコラボを目の当たりにできる。
タイトル 『特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-』
開催期間 3月21日(土)~5月24日(日)
時間 10:00~18:00
※入場は閉館の30分前まで
場所 兵庫県立美術館 ギャラリー棟3階
アクセス JR「灘駅」南口から徒歩約10分/阪神「岩屋駅」(兵庫県立美術館前)から徒歩約8分
休館日 月曜日
※ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館
観覧料 一般1,500円(1,300円)、大学生1,000円(800円)、高校生・65歳以上750円(650円)、中学生以下無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体割引料金
問い合わせ TEL 0570-063-050
(10:00〜20:00、ローソンチケット内)

掲載日:2015/3/1 00:00

人気の記事



Page Top