このイベントは終了しました。

清和源氏発祥の地をPR まちを見守る源満仲公像のライトアップ実施 川西市

川西のまちを見守る満仲公像
 川西市でJR「川西池田駅」前ロータリーに立つ源満仲公像のライトアップが始まっている。

 第56代清和天皇の曾孫にあたる源満仲(みつなか)は、元禄元年(970年)に多田院(今の多田神社/同市多田院多田所町)を創建し、清和源氏の礎を築いた。後世、鎌倉幕府を開いた源頼朝や室町幕府を開いた足利尊氏など全国に名を馳せた源氏の武将たちは、すべて満仲の子孫だったことから同市では「清和源氏発祥の地」として観光PRに取り組んでいる。

 高さ約6メートル、幅約3メートルの像は1989年に建立されて以来、市民の往来を見守っている。ライトアップは夕暮れ時から午後10時まで毎日実施。

掲載日:2014/10/22 09:00
Kiss PRESS編集部

人気の記事



Page Top