時の記念日(6月10日)・明石市立天文科学館無料開放

「時の記念日」に合わせて6月10日、明石市立天文科学館が無料開放される。

 日本標準時子午線上の東経135度にある同館は、1960年6月10日に開館し今年で59周年を迎える。当日は、近畿時計宝飾眼鏡小売組合連合会が主催した特別展「時計のある風景写真展」と、貴重な天文時計を写真資料で展示する「天文時計展」が開催されるほか、プラネタリウムでは「時のふるさとをたずねて」というテーマで、時の記念日の由来や、明石と子午線の歴史、日本標準時の決定と発信についての話を聞くことができる。

 同館の学芸長・鈴木さんは「時の記念日に、日本標準時子午線上に建つ科学館を訪れて、日々の生活の中で忘れがちな"時"に思いをめぐらせてはいかがでしょう」と来場を呼び掛ける。
開催日 2019年6月10日(月)
時間 9:30~18:00(入館は17:30まで)
場所 明石市立天文科学館
(明石市人丸町2-6)
GoogleMapで探す
入館料 無料
※当日のみ
問い合わせ 明石市立天文科学館
TEL 078-919-5000

掲載日:2019/5/15 16:00
Kiss PRESS編集部:徳岡

人気の記事



Page Top