ヴィッセル神戸、新体制を発表

 ヴィッセル神戸が4月17日にトップリーグの新体制を発表。フアン マヌエル リージョ監督の意向を受け同日付で契約の解除に合意。これを受け、昨シーズン途中まで指揮していた吉田孝行氏が改めて新監督に就任する。

 リージョ監督は「ヴィッセル神戸のスタッフ、選手、そして会長、社長、ファンの皆様ありがとうございました。神戸という街で暮らし、素晴らしい方達と仕事をし、かけがえのない経験ができました。人生では難しい決断をしないといけない事もあります。私と家族にとってはこうする事がベストだと思いました。ヴィッセル神戸は私の心の中に常にあり続けるでしょう。皆さん、今までのサポート、本当にありがとうございました」とコメントしている。

 同チームは今季のリーグ戦でタイトル獲得に向けて邁進中。また、新体制発表の翌日にも記者会見を行い、7月にノエビアスタジアム神戸で『Rakuten Cup FCバルセロナ 対 ヴィッセル神戸』を実施することを明らかにしている。

掲載日:2019/4/19 16:00
Kiss PRESS編集部:永山

人気の記事



Page Top