映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』

© 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
 仕組まれたイラク戦争、その真相を追い続けた記者たちのゆるぎない信念の物語を描いた映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』が3月29日より公開される。

<ストーリー>2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「大量破壊兵器保持」を理由に、イラク侵攻に踏み切ることを宣言。新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ジョン・ウォルコット(ロブ・ライナー)は、部下のジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)、ウォーレン・ストロベル(ジェームズ・マースデン)、そして元従軍記者でジャーナリストのジョー・ギャロウェイ(トミー・リー・ジョーンズ)に取材を指示する。しかし、破壊兵器の証拠は見つからず、やがて政府の捏造、情報操作であることを突き止める。4人は真実を伝えるために批判記事を世に送り出すが、NYタイムズ、ワシントン・ポストなどの大手新聞社は政府の方針を追認、ナイト・リッダーはかつてないほど愛国心が高まった世間の潮流の中で孤立していく。それでも記者たちは大儀なき戦争を止めようと、米兵、イラク市民、家族や恋人の命を危険にさらす政府の嘘を暴こうと奮闘する…。
公開日 2019年3月29日(金)
監督 ロブ・ライナー
出演 ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ジェシカ・ビール、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ロブ・ライナー、トミー・リー・ジョーンズ ほか
配給 ツイン
劇場(兵庫) シネ・リーブル神戸

掲載日:2019/3/24 16:00

人気の記事



Page Top